剛毛女性でも一番効果があるサロン脱毛とは

沖縄の剛毛女性は、人よりも毛が濃く太いため、脱毛を重ねてもなかなか毛が薄くならないことも。しかし、もしかしたらそれは自分の毛の濃さのせいではなく、光脱毛の種類のせいかもしれません。

ここでは、光の種類について見ていきましょう。

そもそも光で脱毛できる仕組みとは

カラフルなライト
光脱毛とは、さまざまな波長を含んだ光を広範囲に照射していく方法です。
機械のヘッド部分から光熱エネルギーを出し、毛の中に含まれているメラニンにダメージを与え、脱毛していきます。

サロンによって、効果が違うと感じるのは、脱毛機種によって光の波長が違うため、届く箇所が違うから。そのため、光の種類を知ることは大切なのです。

主な光の種類

沖縄の脱毛サロンが取り扱っている光の種類は、大きくわけて3つ。
・IPL(インテンスパルスライト)
・HS(ハイパースキン)
・SHR(スーパーヘアリムーバル)

IPL(インテンスパルスライト)

いま沖縄の脱毛サロンが、取り扱っている光の種類で一番多いのがIPL。
強い波長で毛根にダメージを与えるため、HSやSHRと比べると照射熱が高いのが特徴。そのため同じ箇所に打つことはせず、一カ所ずつ照射熱をあてていくことになります。
毛根にダメージを与えるため、毛の発毛サイクルである毛周期の中でも活発に活動している、成長期の毛に作用します。
そのため毛周期に合わせた、約3カ月ごとの施術が一般的。

HS(ハイパースキン)

光の波長自体は弱く、毛が包まれている毛包の上の部分に位置する「バルジ領域」と呼ばれる、毛をつくる器官にダメージを与え脱毛していきます
毛根全体に作用するわけではないため、光の波長は弱く、抑毛効果の高い施術方法です。
そのため、敏感肌や10代の若い世代に人気の脱毛法。
こちらは抑毛効果が高いことから、毛周期の中でも毛をつくる準備期間である休止期に働きかけるため、約3カ月に1度のペースで施術していきます。

SHR(スーパーヘアリムーバル)

低温の細かい光を同じ箇所へ連射して施術するのが特徴のSHR。それによって、毛を包んでいる毛包全体をじわじわと温め、毛根やバルジ領域の両方にダメージを与えていきます
低温の光熱エネルギーのため、肌負担が少ないのも特徴。さらに、毛根やバルジ領域の両方に働きかけることから、毛周期に関係なく脱毛できるため約2~3週間のペースで脱毛することが可能。
そのほか、従来では毛根小さく、脱毛が困難とされていたウブ毛へもダメージを与えることができる最新の脱毛法と注目されています。

沖縄女性へは毛の濃さに関係なく脱毛出来るSHRがオススメ

剛毛な沖縄女性へは毛の濃さに関係なく脱毛できるSHRがオススメ
SHRなら、脱毛完了時期も早い人で半年というから嬉しい。
沖縄は1年を通して、気温が高いため、どうしても自己処理する回数も増えてしまいます。SHRなら早く脱毛完了することができるから、沖縄女性へピッタリの光の種類!